旧奥飛騨温泉口駅の保存車

2006年に廃止された神岡鉄道の終着駅、かつては駅前にKMDE101が保存されていたが、2007年に解体された。
廃線跡は2012年からレールマインテンバイクで走れるようになり、駅舎はそれの営業所となった。
2016年6月にKMDE101が保存されていた駅前に神岡鉱山、立山砂防の機関車が保存された。
2017年4月には神岡鉱山口の車庫跡で保管されていたKM101「おくひだ1号」が動態復活、
奥飛騨温泉口駅まで走行しレールマウンテンバイク営業期間は駅に展示される。
構内に神岡鉱山の車両を展示、三井金属鉱業神岡鉄道のナロー有蓋車も置かれている。
撮影日 2017年4月8日


旧奥飛騨温泉口駅舎と駅前の「神岡トロッ庫」


駅前広場
神岡鉱山EL
立山砂防DL

駅構内
神岡鉱山車両

KM101
おくひだ1号
出発・到着式


構内に置かれている旧神岡鉄道の有蓋車。
以前は別の場所で倉庫として使用されていたもので、近年移設されたらしい。
こののち小移動、旧神岡鉄道の貨車はもう一両増えた模様。




線路と直角に置かれていたが、その後線路際に移動したようだ。


構内にはレールマウンテンバイクが整列。


本線の先はレールマウンテンバイク用にホームからスロープになっている。


国鉄時代の駅名も掲示されている。


駅舎内の展示コーナー。


こんな山車が駐車場に登場、手の角度が甘い!


イベントでは駅弁を販売。


市内コミュニティバスは神岡鉄道塗装、その名もおくひだ3号。


この場所の地図


神岡鉄道メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東海 掲示板