関西国鉄線乗りつぶし1980・2 その1

国鉄完乗を目指していたころ、関西の枝線がけっこう未乗で残っていた。
春休みに入ったので2月20日急行大社で名古屋を出発
阪急武庫之荘の友人宅に転がり込んで私鉄、路面電車訪問と合わせ各線を乗りに行った。
撮影日 1980年2月22日〜26日

2月22日 桜島線、阪和線東羽衣支線、紀勢本線和歌山市〜和歌山乗車。

この日は大阪駅を出発する21Dはまかぜ1号から撮影開始。
当時使っていたAE-1のトラブルでシャッター速度が落ちてブレてしまった。


西九条 桜島線の101系。


EF6041


クハ111-333他関西本線直通快速。


桜島、左上に時刻表が見える、昼間は電車が少ない。


天王寺、紀勢本線ホームの急行きのくにと381系。


鳳 阪和線113系と東羽衣支線クモハ103-23他。





東羽衣。


国鉄コンテナのポスターが味わい深い。


和歌山 和歌山線キハ35 206


121レが到着、EF5824はここまで。




和歌山〜和歌山市はDD13264が牽引。


和歌山市に向かう121レ。


121レを一駅乗って紀和で下車。


かつてのターミナルらしく堂々とした紀和駅舎。


次 加古川線、福知山線へ

TOP 日本国有鉄道のころ 掲示板