ペルシア湾通信
2004年5月10日


1分の1と80分の1


砂利が入ってこないので開店休業だあ!と思っていたら、
急に1万トンの売り込みがあってそっちのほうはスピード解決しました。
3日くらいテヘランに行って地下鉄に乗って「リハビリ」して来ようと思ったのに・・・・。
この辺の先が読めないのはイランでのビジネスの特徴です。
砂利は政府関係のプロジェクト用の横流しみたいですけど、
こっちは「善意の第三者」ですからね。知ったこっちゃありません。
鉄道模型に凝ってる人間には「悪意の第三者」なんて居ないんです!(ウソ!)

 ところが急なハナシで今度はダンプの手配が付きません。
まあ、なんとかなるでしょうけど・・・。



例の7階が銀行に売れたので、次の家が出来るまでまた工場内の通称「キャンプ」
を改装して使う事にしました。勿論日本風呂も造りますよ。
これも「1分の1の楽しみ・しょにょ3」てとこですね。
添付写真は電気工事の様子ですが、日本とは丸っきり違うのでお見せしたいと思います。





砂漠の民家は壁が厚く、この辺りの家々も最低30センチから
古い日干し煉瓦のものは1メートル近くあります。
もしも、日本人だったら、予め緻密な設計図に基づいて先に配線用のパイプを埋めるとか、
とにかくモルタルやコンクリートを「壊す」ような工事は絶対にしませんよね。

 しかし、こちらでは壁も床も全部作り上げた後にコンセントやスイッチ、照明の位置を決め、
そこに至る配線を這わせるスペースをノミで削って作るのです。





ですから、「電気屋」の主な仕事は「石工」と同じで一日中「キン、キン、キン、」と
ノミで壁や床を欠き取る事です。そして出来た空間に電気コードを埋め込んで行くのです。
この「コードの仮押さえ」も金具では無く、漆喰でやるので、こーゆーのを見てると、
丸っきり発想が違っていて、日本人が「中東音痴」なのも仕方ないなあ、とつくづく思います。






さて、「80分の1」のほうは正面のファサードが形になってきて何となく大塚車庫っぽくなってきました。
神明町と大塚の営業所の建物は同一双子で、上にレリーフ飾りがあり、
入口がアーチになってるほうが大塚で、角ばってるのが神明町でした。



大塚のほうが優美でしたね。

TOPへ 前へ 次へ

広告ポリシー