ペルシア湾通信
2004年7月26日

とうとう倒れました!

体育だけがいつも「3」だった「電車ヲタク」の割りに普段ヤケに元気な私ですが、
連日の炎天下での仕事にとうとうオーバーヒートして倒れました。
所謂「熱中症」ですね。

 いやあー生まれて初めてですよ、こんな事。この島にはジェリー・ルイスにそっくりな
(彼が自分が発明した薬でジキルとハイドみたいに変身する映画のハイドのほう。
あれ、何て言う映画だったかなあ?)ドイツ留学組の仲の良いドクターが居るんですが、
現場からベンツのミキサーのキャビンのベッドに寝かされてそこへ運び込まれました。

 今は大丈夫ですが、まだ食欲もありません。キャンプに戻っておとなしくしてます。

 意識が朦朧となったのは2度目で、この前は小学校5年の時にフォークダンスの練習中、
足がもつれて倒れたところに肥満児のK.M.君が起き上がろうとした私の上に
倒れてきて校庭のアスファルトにアタマを叩きつけられたんです。
あの時はホントに星がキラキラ見えましたけどね。

 模型を作る気にもなりません。ウーーーン、よっぽどヤラレたって事ですね。
でも、日本の皆様への「定期メール」は欠かしたくないので、こうやってパソコン叩いてます。

 ダルいので衛星テレビを観てます。やっぱり面白いです。

 写真は倒れる直前に入った天然ジューススタンドの店にあった新しい清涼飲料水。
ボトルが洒落てます。こーゆーモノにも好景気が反映されてますねえ。




TOPへ 前へ 次へ

広告ポリシー