伏木ヤードの保管車

伏木駅に隣接する貨物駅跡にJR貨物・北陸ロジテクスが各地の鉄道会社から集めて販売中の車両や
保存会所有の車両を保管している。過去には公開イベントも行われた。
公道より撮影。
撮影日 2020年3月21日


伏木貨物駅跡の南方に保管車が留置されている。


道路橋から構内がよく見える。


静岡鉄道清水市内線モハ65

清水市内線唯一の現存車。
フェルケール博物館の屋外展示として清水港線跡に保存されていた
2010年博物館展示品整理のため撤去されたが、地元ファンの手により伏木に移設保管中。
静岡に里帰りさせるべく準備中とのこと。


保存会の手によって整備が行われてきた。




北陸鉄道金沢市内線モハ2202
→名鉄岐阜市内線モ562→福井鉄道モハ562


この車両も保存会が整備を行っている。


窓枠がすべて外されているが下地処理が行われいる様子が分かる。


万葉線デ7062

対岸を走る万葉線の車両、イオン高岡ショッピングセンターラッピング車。


一度は売却が決まったものの流れてしまったとか。




紀州鉄道キハ605

常磐炭坑→岡山臨港鉄道→紀州鉄道と渡り歩き、廃車後は有田口で保存されていた。
この車両も保存会が整備を行っていた。
訪問後の2020年7月に岐阜県の福祉施設に譲渡された。






樽見鉄道ハイモ230−314

樽見鉄道のボギーLEカー。
2020年10月現在北陸ロジテクスの公式ページに販売車両として掲載されている。


沿線のショッピングセンター、モレラ岐阜ラッピング車。


秋田臨海鉄道DD351

1971年日立製35t機。




旋回窓の北国仕様。


茨城交通ケキ102+一畑鉄道ト61

1957年新潟鐵工所製35tのロッド式。
2005年廃車となり那珂湊にそのまま留置されていたが、2009年に伏木に移動。
整備され伏木ヤード公開時には動態展示も行われた。
個人が購入したという話もあったが現状は不明。










小型無蓋車国鉄ト1同形のト61。




協三製25t移動機

同クラスの移動機が2両いる。こちらも販売車両として公式サイトに掲載されている。


ワム380064を従えている。







もう一両の移動機はFRCロゴ、協三銘板もついており現役のようだ。








カバーがかかった車高の低い謎の車両。


ワム80000
販売品として足回り有り、無しが留置されている。
販売価格は2020年10月現在560000円

ワム380248


ワム380327


ワム380338


ワム380221?


ダルマさん状態のものも数両。


右手前は番号判読不可、2両目はワム380397。

この場所の地図

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板

広告ポリシー