安平町鉄道資料館
道の駅あびらD51ステーション
D51 320

旧安平町鉄道資料館に保存されていた移動機、ワム80000と
クラウドファンディングで取得したキハ183を展示する道の駅に2019年6月に移転。
移動機により公開日には屋外展示される。
撮影日 2019年9月7日


道の駅の一角が展示コーナーになっている。


最終貨物列車を牽引した241号機が保管中に火事で焼失したため、320号機が保存された。


最高の状態で保存されている。








テンダにはエアコンプレッサーが積んであり、空気式自走も可能というが、
展示運転では後ろの移動機が押している。


下回りは油がさされているので、したたり落ちるため油受けが置かれている。








この場所の地図
追分駅から徒歩10分ほど。
コミュニティバスもあるが土日祝日は運休。

道の駅あびら公式ページ
D51ステーション公開時間
4月〜10月 9:00〜18:00
11月〜3月 9:00〜17:00
冬季はD51は資料館休館のためガラス越しの見学、屋外車両はシートが掛けられている。 

D51屋外展示は6月〜10月、月1〜3回程度。日程は公式ページに掲載。


道の駅あびらメニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北海道 掲示板

広告ポリシー