直方市石炭記念館の保存車

直方駅から徒歩10分弱の線路沿いの高台の記念館に石炭輸送に活躍した車両たちが保存されている。
撮影日 2011年4月16日


入り口を入ると左手に貝島炭坑専用線の国内最大級のコッペル32号機と石炭車。
記念館開館時間外でも前庭に展示されている機関車の見学は可能。


貝島炭坑32+ロト22

C11131+セム1

炭鉱用ナロー


前庭には坑内で使われていた車両も多数展示されている。
また記念館裏手にも坑内用機関車などが展示されているが、2011年の訪問時は時間がなく見られなかった。




下山田炭坑で使われていた救急車。


坑内用石炭車、さすがにこの手の車両としては大型だ。




大之浦炭坑(貝島炭坑)で使われていた人車編成。






かつては9600やD50、D60の引く石炭列車が行き交った筑豊本線、伊田線を見下ろす高台の記念館。
平成筑豊鉄道の気動車が通過する。


平成筑豊鉄道の車窓から。


直方市石炭記念館
休館日   毎週月曜日・祝日の場合は開館
         年末年始(12月29日〜1月3日)
開館時間 9時〜17時(入館は16:30まで)
入館料 100円

機関車見学は開館時間外でも可能

この場所の地図

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー九州・沖縄 掲示板

広告ポリシー