C57 19


新潟駅よりバス15分ほどの鳥屋野交通公園に保存。
C571とともに最後まで新津に在籍したC57。
撮影日 2008年8月6日

2013年5月追記 新潟市(旧新津)鉄道資料館へ移転が発表されました。
2013年6月19日移設されました。


1972年3月で新津区のC57定期運用は終了したが、19号機は1号機とともに臨時列車用に最後まで活躍した。
1号機が5月のお召し牽引のために土崎工場に入場したため、予備として19号も残されたとも言われている。


やや狭い場所ながら上屋付きである程度整備を受けているのかさほど劣化はしていない。
正面プレートはレプリカでも良いからなんとかならないものだろうか。


足回りはペイントされている。


C57ならではの大動輪に細めのボイラー。キャブ機関士側にはレプリカプレートが付いている。


助士側はプレートなし。


テンダもプレートがない。


公園の東側、球場との間の公道に面した場所に設置。
公園正門から入るよりも横の道の機関車テンダ裏から入るほうが分かりやすい。


廃線間近のローカル線のような駅名票。
とうきょつ になってしまっている。ローマ字は最初からTOKIOだったのだろうか。



1971年3月29日 村上〜間島 荷2048レ

この場所の地図移転済み
バス利用の場合は新潟駅南口より女池愛宕行き(約15分)、江南高校前下車徒歩約2分
平日日中1時間に2本、土日祝日1時間に1本。
新潟駅前からのバスは1時間に3本程度、所用時間約25分。

移転後の様子はこちら

交通公園から徒歩5分ほどの新潟県立自然科学館には
29622 魚沼鉄道ハ2、D51789動輪、トレビシックロコレプリカが保存されている。


C5719履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1938-1-24 川崎重工兵庫工場 製番1873
1938-1-25広島局配属
1945-4-1現在 門司港
1955-8-1現在 門司港
1956-5-1現在 門司港
 移動時期不明 鳥栖
1956-11 秋田
1962-3 酒田
1964-4-1現在 酒田
移動時期不明 新津
1972-9-29 廃車 新津
1972-10-10保存
2013-6-19新潟市鉄道資料館に移転

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板

広告ポリシー