夕張市石炭博物館

第3セクター石炭の歴史村として1980年に開館、
巨大なD51の建物のSL館内には大夕張鉄道No.4、夕張鉄道14号、ナハニフ151を保存。
夕張市の財政破綻により2006年閉館、石炭博物館は2007年に再開したがSL館は再開せず
雪下ろしツァー時などに臨時開館を行っていた。
2018年4月博物館が全面リニューアル、企画展に合わせて8月9月に各1日SL館が特別開館した。
撮影日 2018年9月2日

2019年4月追記
2019.4.18深夜に模擬坑道で発生した火災により再開未定

2019年6月追記
2019.5.30より本館は再開、模擬坑道は再開未定。



SL館

大夕張鉄道
No.4

夕張鉄道
14号

夕張鉄道
ナハニフ151

屋外展示
バッテリー機関車

館内展示
電気機関車


企画展「夕張の石炭を運んだ二つの鉄路」ポスター。
この企画としてSL館特別公開が行われた。


企画展の展示、夕張線の駅名票。


準急「夕張」サボ、時刻表など。


ナハニフ150を挟んだDTD編成のHO模型と切符。


夕張鉄道サボとタブレット。


いろいろな部品、機器をごろごろと展示。青い閉塞機は珍しいのではないか。


夕張鉄道鹿ノ谷のHOレイアウトセクション。


本館の常設展示鉄道コーナー。


この場所の地図
新夕張駅より夕鉄バス石炭記念館下車

夕張市石炭博物館公式ページ
開館日 4月下旬〜11月上旬(2018年は11月4日まで)
休館日 火曜日 ゴールデンウィーク・お盆期間は開館
開館時間 入館は閉館時間の30分前まで
4月〜9月 10〜17時
10月 10〜16時
入館料 1080円

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北海道 掲示板

広告ポリシー