日本セメント上磯工場専用線1988・8

江差線上磯駅の手前の工場から採掘場まで大正時代から電化された2本の路線を持っていた。
撮影日 1988年8月10日


工場端の江差線がオーバークロスする地点から望遠レンズで覗くと数両の機関車が停まっていた。
左は35tBB機9or10号機 右は6号機。


しばらくすると6号機が工作車らしい車両を牽引して通過していった。


続いて日立製の7号機が薬剤散布車を引いてゆっくりと通過、ちょうど江差線のキハ54とクロスした。



せっかく訪問していながらこれだけしか撮影していません。
工場内ということで撮影許可は出ないだろうと思ってあっさりと引き上げてしまったようです。
翌年には専用線は廃止されて最初で最後の訪問でした。

生まれ故郷の東洋電機で保存されている2号機はこちら。
工場も見える北斗市(旧上磯町)運動公園に保存されている5号機はこちら。

TOP 専用線 私鉄を訪ねて 掲示板

広告ポリシー