能勢電気軌道 1978・8

鈍行日本縦断の途中で立ち寄った能勢電
沿線の宅地開発が進み、借り入れた阪急中・小型車が主力になっていた。
在来車は国鉄駅前への連絡線でほそぼそと働いていた。

撮影日 1978年8月16日


川西能勢口〜国鉄川西駅前間は平日朝夕5往復のみ運転。
張り上げ屋根にZパンタの51号が能勢口に近づく。
車掌さんも運転台に立っている、車内はガラガラのようだ。


短区間とはいえ暑い関西の夏、窓は全開だ。


阪急宝塚線の下をくぐって国鉄駅前へ。








川西国鉄前のなにもないホーム。国鉄駅は画面の左手。




51号は日中は川西能勢口で留置されていた、行先板は外されている。

ときわ台・平野へ

TOP 私鉄を訪ねて 掲示板

広告ポリシー