JR東日本新幹線総合車両センターの保存車

利府駅から徒歩10分ほどの新幹線総合車両センターには
新幹線電車・試作車、交流電気機関車、蒸気機関車が保存されている。

2014年2月追記
車両展示場は立入りが制限されているようです。

2020年2月追記
解体は電気機関車から行われ、1月末にすべての電機の解体が終わった模様。

2020年5月追記
掲示板にたくみさんから情報をいただきました。
2020年5月7日現在、利府の新幹線車両基地内のSL3台とも現存しております。
電気機関車は跡形もなく・・・
SL側にあった、解体時の囲いはまだありますが、シートをたたんだ状態なので、道路側から確認できます。」

2020年6月追記
蒸気機関車3両が解体された模様。




C11351
解体?

C58365
解体?

D511108
解体?

ED9121
2020解体

ED711
2020解体

ED751
2020解体

ED771
2020解体

ED781
2015.6移転

EF711
2020解体

961-1・961-2

STAR21
953-1・953-5

221-1・237-1





蒸気機関車3両は以前仙台市ガス局前に保存されていたもの。
交流機関車は福島機関区に保管後、利府駅構内に移転して保管されていた。


交流機関車は現存がここの1両のみの形式がED771・ED781・EF711の3両いる。




建物内の一角はPRコーナーがあるがプラレール運転場など主に子供向けの施設となっている。


PRコーナーのE2系車輪。


木部様より2014年7月の様子を5点ご提供いただきました。
「ちょこっと鉄で新幹線総合車両センターへ行って来ました。
残念ながらSL・ELのゾーンは老朽化して危険ということで立入禁止となっていましたので、その情報までです。」
撮影日 2014年7月27日




機関車展示エリアの手前でロープがかけられている。






蒸機の塗装もだいぶくたびれている。


この場所の地図

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東北 掲示板

広告ポリシー