ユネスコ村の保存機たち
かつて西武で働いた機関車、鉄道連隊の機関車が園内に保存されていた。
同園の閉鎖によりこれらの機関車は四散した。



1971年7月4日 旧省403→西武鉄道4
1886年ナスミス・ウィルソン製造のA8系機関車


このときは4号機1両だけの保存だった。


1972年6月19日 その後玉川上水の西武倉庫に保管されていた
鉄連Eタンクも並んで保存された。4号機と並んだ内側台枠のK134号機。
ユネスコ村閉園後は4号機は西武鉄道横瀬車輌基地に、
K134は鉄道連隊ゆかりの新津田沼駅前に保存されている。


こちらは外側台枠のE18・E103 安比奈のコッペルとして有名だった機関車。

 
ユネスコ村閉園にあたりE18は練馬区豊玉のプレスアイゼンバーン社屋前
E103は北海道丸瀬布いこいの森に引き取られた。


1994年7月28日 丸瀬布時代のE103、同機は2002年に製造元のドイツに里帰りした。


E103の横を雨宮21号機が通過する。


西武鉄道4号 旧省403履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1886 Nasmyth Wilson 製番302
国鉄73
借入 日本鉄道73
1892-4-1譲渡 日本鉄道73
1894-1-1改番 20
時期不明 返却 国鉄
1899譲渡 房総鉄道6
1907-9-1買収 国鉄6
1909-10-1改番 403
1914-3-25廃車 東部局
1914譲渡 川越鉄道403
時期不明 改番5
改称 武蔵水電5
合併 西武鉄道5
時期不明 快番4
1961-12-1借入 上武鉄道4
1965-4-10返却
1965-10-1廃車
保存 ユネスコ村
1993 移転 西武鉄道横瀬車両管理所

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北関東 掲示板

広告ポリシー