阿寒町炭鉱と鉄道館の保存車

阿寒町丹頂の里裏手の炭鉱と鉄道館には雄別鉄道C1165、ヨ8057が保存されている。
画像6点かいゆ様ご提供。
撮影日 2004年8月11日


オハ62 95とヨ8057を引き連れている。後にオハ62は解体され台車のみ残っている。
雄別鉄道には自社発注機もいたが、保存されたのは国鉄譲渡の本機だった。






雄別炭鉱駅を模した資料館「雄鶴駅」


ホーム側の駅名票は「阿寒駅」


炭鉱と鉄道館とは離れた阿寒商工開館の脇にある雄別鉄道記念碑。

以下は2018年6月26日撮影

オハ62 95は解体され台車だけが残っていた。


C1165

ヨ8057

TR11台車
2020.4移転

雄別炭鉱
人車・鉱車


駅名票はこたん(古潭)、阿寒の次駅だが古潭の次は新雄別だった。
炭鉱と鉄道館のある場所は雄別鉄道線では阿寒〜古潭間だが、線路跡とはかなり離れている。




尖塔の風見鳥は丹頂。


館内には炭鉱、鉄道に関する資料、写真が展示されている。


雄別炭鉱駅にあったダルマストーブ、待合室の情景を再現。




私鉄のC56、1001は冷蔵庫のCMで白く塗装されたこともあった。
同機は戦時中機銃掃射を受けており、そのときの銃弾も展示されている。




この場所の地図
バス利用は釧路駅、釧路空港より阿寒湖方面行きで丹頂の里下車、徒歩5分ほど。


阿寒町炭鉱と鉄道館
阿寒町の釧路市への合併のためか、同館の公式ページは無い模様。
外部サイトのデータによると
[開館・公開日時]5月〜9月(日曜日)、5月1日〜5日、8月1日〜17日、10:00〜16:00
[休館日]5月〜9月(月〜土曜日)
[その他休館時期]10月〜4月
[備考]ゴールデンウィーク、お盆は開館
入館料 無料

保存車見学は閉館時でも可能。
訪問日は平日だったが開館していた。

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北海道 掲示板

広告ポリシー