三菱石炭鉱業大夕張鉄道
南大夕張駅跡の保存車

1987年7月に廃止された大夕張鉄道の末期の終点、南大夕張駅跡は
ラッセル車、客車3両、石炭車2両が保存されている。
一時期客車が大雪で転倒するなど荒廃気味だったが、1999年保存会が結成され修復作業、車内公開を行っている。
撮影日 2014年6月27日




大夕張鉄道の車両群は近代化産業遺産に指定されている。
南大夕張駅舎はラッセル車の裏側の小高いところにあった。


キ1

スハニ6

オハ1

ナハフ1

セキ1、2




ブルーシートが掛けられているのは原付軌道自転車らしい。


松山工業製のモーターカー。


敷地には姉妹保存会の三菱鉱業バス保存会が管理する1967年製のバスも展示されている。







現役時の南大夕張駅の様子はこちら

この場所の地図
バスは新札幌駅前発、栗山、清水沢経由の南部行で終点下車だが、
ほとんどの便が午前中新札幌行き、午後南部行きでバス往復は難しいダイヤになっている。

三菱大夕張鉄道保存会公式サイト

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北海道 掲示板

広告ポリシー