九州鉄道記念館

九州鉄道発祥の地、門司港駅構内に隣接する鉄道保存施設。
九州にちなんだ蒸気機関車、電気機関車、ディーゼルカー、電車、貨車が保存されている。
撮影日 特記以外2008年12月3日




59634

C591

EF1035

ED721

スハネフ1411

キハ0741

クハ481-603

クハネ581-8

チブ37
セラ1239

クハ481-246
ED761・EF303
カットボディ




端正な赤レンガの旧九州鉄道本社屋を展示館として活用している。



 
蒸機のナンバープレートと中央がふくらんだ九州形ヘッドマーク。


歴代つばめのマークもあるが、九州を走ったのは電車特急になってから。


訪問時は特別展として「栄光のブルートレイン」が開催されていた。


軌道自転車も展示されているが、これに乗ることは出来ないようだ。


大宮の鉄道博物館にも設置された自分で運転できる450mmゲージのミニ鉄道公園。


ソニックの運転台、スピードメーターが120km/hまであるのが可笑しい。





以下は2016年10月16日撮影

DE10牽引の「あかつき」とは・・・14系引退後のイベント運転?


2013年開館10周年のリニューアルで入口横にカットボディが展示された。


入口脇のモニュメント


九州鉄道記念館公式サイト
休館日 第二水曜日(但し、8月は除く) 7月は、第二水・木曜日
開館時間 9時〜17時(入館は16時30分まで)
入館料 大人300円 子供150円

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー九州・沖縄 掲示板

広告ポリシー