加悦SL広場

かつては名産品の丹後ちりめんを運び、戦争中はニッケルを鉱山から精錬所まで運んた鉄道。
営業中から終着駅加悦に歴史的な車両を保存、展示、1985年の鉄道廃止後もそのまま営業していたが
駅跡用地を加悦町に譲渡するため1996年11月にかつての鉱山駅跡に移転、再開園した。
撮影日 特記以外は2010年8月18日


古典機関車と客車が並ぶ構内。


ターンテーブルの周りにはここにしかない貴重な車両たちが集まっている。
これらの車両の整備はNPO法人「加悦鐵道保存会」の手により行われている。


2号機

1261号機

4号機

103号機

C57189

C58390

DB201

KD-4

DB202

DC351

TMC-100BS

キハ101

キハユニ51

キハ08 3

キハ10 18

ハ4995

ハブ3

フハ2

ハ21

ハ10

キ165

ヨ2027・ト404
ワブ3

その他
軌道自転車など

京都市電N23

サハ3104
カフェトレイン蒸気屋

南海モハ1202

旧加悦駅と
丹後山田駅資料室

京都市大宮交通公園のC160はこちら


11両の車両が町指定文化財に認定されている。


エントランスは只見川第1橋梁を思わせるアーチ橋をゆく2号機。


白い加悦駅を模したSL広場入口の駅舎・展示室、左は土産物と軽食の店「蒸気屋」
バス停が見えるが加悦鉄道を引き継いだ加悦フェローラインのバスは2009年に廃止され、
2010年8月現在ここまで来るバスは与謝野町営コミュニティバスが3本のみ。
訪問に使える日中の便は月水金のみ運転とまず使えない。


入口に展示されている古典的な松葉スポーク車輪。レールも時代ものだ。




駅舎内展示室のレール展示コーナー。
各種のレールが置物のように並んでいる。床にはラックレール。


2階には2号機を分解整備した折に交換した部品などを展示。

園内には車両の他にもここならではの展示物がある。


福知山機関区で使用されていた投炭練習機。


園内中央のターンテーブル、人力式でピットには水が張られて魚が泳いでいた。


ターンテーブル銘板。


テーブル上には通常のレールの他に園内を周回するミニ列車の線路が2本並列に敷かれている。


ギアがあるので電動車の車輪?


これは何から外した台車?


さすがにこれは案内看板がないとなんだか分からない。


レールの細いのから太いのまで。
叩くと鉄琴のようないい音がしそうだ。


加悦SL広場公式サイト
営業時間 10〜17時 年中無休
料金 大人300円


入場券は硬券仕様。

鉄道・バス利用の場合は
野田川より丹後海陸交通バス与謝、共栄高校ゆき(平日9本 休日3本) 「鉱山口」下車、徒歩5分
福知山より丹後海陸交通バス傘松ケーブル下行き(平日5本 休日3本)「鉱山口」下車、徒歩5分
野田川からレンタサイクル利用で旧線路跡を辿るのも良いが、加悦から先は登り坂となる。


加悦鉄道1978・2

終着駅加悦

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー近畿 掲示板

広告ポリシー